右京区社会福祉協議会

組織と財源

 社会福祉協議会(通称:しゃきょう)は、社会福祉法第109条に基づき、社会福祉の増進を図ることを目的に、全国の市町村に組織されている団体です。
 地域住民・ボランティア・当事者の方々、社会福祉関係者等の参加・協力を得ながら活動することを特長とし、民間としての「自主性」と広く住民や社会福祉関係者に支えられる「公共性」という二つの側面を併せ持った組織です。
 京都市域では、住民の任意組織である学区社会福祉協議会(右京区内22学区)、社会福祉法人格を持つ右京区社会福祉協議会、京都市社会福祉協議会の三層で構成され、連携して地域福祉活動の推進に取り組んでいます。
                                         


1.みなさんの願いをもとに
 住民の生活実態・福祉課題を把握し、そのニーズに沿った地域福祉活動をすすめます。

2.みなさんと共に
 住民の福祉への関心を高め、多くの方の参加による自主的な地域福祉活動をすすめます。 

3.民間組織ならではのフットワークを活かして
 民間組織の特性と生かした、開拓性・即応性・柔軟性のある地域福祉活動をすすめます。
4.民間と行政との協働により
 行政機関と民間の諸機関・団体・住民・当事者・ボランティア等との役割分担を明らかにしながら、協働して計画的・総合的に地域福祉活動をすすめます。

 誰もが「ひとりの人間」として尊重され、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

 


右京区社協の財源

 区社協事業及び学区社協活動の財源は、賛助会費・共同募金配分金・京都市および京都市社協からの委託金・補助金によります。特に、人件費を除く財源の約半分を占める賛助会費は、平成3年度に区社協が社会福祉法人となる際、独自的な事業運営を目指して導入された、賛助会員制度の年次会費として、区民の皆様に毎年ご協力いただいております。

個人会員は一口500円から、法人会員は一口10,000円から、
毎年度、学区社協を窓口に募集しております。
ぜひご協力をお願いいたします。


Top    Next

©京都市右京区社会福祉協議会
―このサイトは,独立行政法人 福祉医療機構の助成を受けて作成しています。―