文字の大きさ 小 中 大
福祉でんごん板
2010年 03月 から現在まで
267
件の投稿をいただきました。
記事を見る

「福祉でんごん板」は皆様からの投稿により、
イベントのお知らせやボランティアの募集情報など、
地域の新鮮な福祉情報をいち早くお知らせするものです。
もっと見る
まちの福祉サービス情報
情報を見る

地域の事業所や商店などで、
福祉に役立つサービスを実施している情報を掲載しています。情報の詳細については、直接情報提供者にお問い合わせ下さい。  
もっと見る
情報提供者様へ情報提供者様へ
バリアフリーマップ
マップを見る

右京区内の生活する上で
必要な施設や当事者のおすすめスポットなど、
区民の方から寄せられたバリアフリー情報を掲載しています。
マップを見る
情報提供者様へ情報提供者様へ

高齢者や障害のある方が,安心して生活するためのお手伝いをしませんか
~日常生活自立支援事業 生活支援員募集~

 高齢者や障害者の中には,「福祉サービスの利用方法が分からない。」「お金のやり繰りに自信がない」など,1人で判断することに不安を抱えている方がいらっしゃいます。
 そのような方々が地域で安心して暮らせるように,「生活支援員」と「専門員(職員)」がお手伝いをしています。

生活支援員とは?
 利用者の方と専門員が一緒に決めた内容に基づいて、利用者宅への訪問、銀行での出入金や各種支払い,福祉サービスの情報提供など利用者への具体的な支援活動を行います。
活動の内容等詳細については,問合せまでお気軽にご連絡ください。

問合せ
右京区社会福祉協議会  075-865-8567

研修案内
受講申込書(PDFダウンロード) / 令和2年度 第3回 養成研修開催要項(PDFダウンロード)

右京区地域支え合い活動入門講座開催

地域であなたの出番を応援!
高齢者のちょっとした困りごとを解決する「支え合い」を学ぶ講座です。
ご自身の力を支え合いに活かしてみたいかた、ボランティア活動に関心のある方はぜひご参加ください。

詳細はこちら(PDFダウンロード)

  • 日時:令和2年11月30日(月)10時~12時
  • 場所:右京中央老人福祉センター
  • 定員:20名(申込先着順)
  • 申し込み先:電話 075-865-8567 FAX 075-865-8569

新型コロナウィルス感染症の影響による休業や失業で、生活資金にお悩みの皆さまへ

新型コロナウィルス感染拡大の影響により、収入が減少した世帯を支援するため、緊急小口資金等の特例貸付を実施しています。

緊急小口資金(特例貸付)、総合支援資金(特例貸付)、住居確保給付金支給事業の相談・申請の受付は、「ひと・まち交流館 京都」に窓口を開設しています。
詳細はこちら(京都市社会福祉協議会)

<新型コロナ感染症にかかる生活資金特例貸付・住居確保給付の総合窓口>

受付時間:平日の午前9時から午後4時

075-354-8748

075-354-8776

© 京都市右京区社会福祉協議会
―このサイトは,独立行政法人 福祉医療機構の助成を受けて作成しています。ver.1.1―